ブログトップ

パピヨン&韓国語に魅せられて

<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

リバティのてんかん治療

犬のてんかん エビレス錠で検索して来られる方がいらっしゃるので備忘録として書いておきます。
エビレス錠は、ゾニサミドになります。
昔は、フェノバルビタールが犬のてんかんの第一選択薬になっていましたが、今は犬の薬としてエビレス錠などの薬があり治療の第一選択薬になっているようです。
リバティに関しては、動物病院の先生とフェノバルビタールかゾニサミドにするか少し意見が分かれましたが、リバティの先代の犬がフェノバルビタールであまり良い印象がなかったものですから、まず依存性や毒性の少ないゾニサミドを処方して頂きました。

12月22日朝から、エビレス錠服用開始。
(リバティの場合は、体重当たり10ミリグラムで1日分が30ミリグラム。朝晩2回に分けて1回分は15ミリグラム)
12時間ごとの投与。
血中濃度が落ち着くまで、今まで服用してきたイーケブラも3回服用。
最初の日は、リバティは身の置き所がないほど具合が悪そうでした❗眠いのですが気持ちのいい眠りではなくて目眩でもしたのでしょうか?
食欲減退がもの凄い心配していたのですが、食事はきちんと出来ているのでそれだけは良かったです。
私は、薬💊を明日からあげなくてはと思った前日に精神的におかしくなりました。
リバティにこんな薬💊をあげてもいいのか?薬💊漬けにしていいものか?今も考えていますが。

きちんと薬💊を服用できているのに
22日の夕方5時と23日の午後1時に軽い発作あり。
しかも発作の度に、後ろ左足の麻痺状態が悪化。
動物病院に電話。
血中濃度が安定するまで発作が起きてくることがあるんですか??と質問。
やはり血中濃度が安定するまでは、発作が起きるのでイーケブラを増量して発作を止めるしか今のところは方法がないです。と言われる。イーケプラ4回でも5回でもいいとのこと❗

24日から、エビレス錠朝8時・夜8時投与に加え
イーケブラ 8時・お昼12時・夕方5時・夜10時に投与。
上の処方で、24日から発作はなし。
早く、ゾニサミドが効いてくるのを待つのみ。
足が不自由なので抱っこして庭にだし、おしっこもさせている毎日。
私の外出もすごく嫌がるし、私も心配で出られないので・・・
お買いものは、リバティがすごく眠くなる朝9時~10時の間に済ませるように。
母にも、このところ2週間近く会えなくて・・・。
施設にいる母のことも心配。
クリスマスに行かれなかったので、ユーハイムのお菓子を送っておいたら、母がとても喜んでいましたが。
私も、まだステロイド減量中で綱渡りの毎日。
とにかくとにかく、リバティの状態が落ち着くことを祈るのみです。もしもに備えてオムツも準備しました。

a0114842_18512919.jpg

[PR]
by mihi_liebe | 2017-12-26 18:05 | わんこ | Comments(0)

受難続きです

備忘録として書いておきます。

私は11月から深掘れの口腔粘膜潰瘍が生じて治らずステロイドを2錠まで増量して一気に減量という治療をしましたが全然好転せず今月は4錠に増量して減量してきています。
まだ減量中でどうなるかもわからない途中。
今度はリバティの発作回数が増えてきて19日に尿失禁の発作を起こしてしまって、その後発作の後遺症なのか左後ろ足がよく立てない状態に。
動物病院を受診してエピレス錠を服用開始しました❗
とりあえずここまでにして置きます。疲れました🙇

[PR]
by mihi_liebe | 2017-12-22 14:09 | Comments(0)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31