人気ブログランキング |

2019年 07月 30日 ( 1 )

リハビリは続くよ~どこまでも。。。

リハビリはどんどん厳しさを増し、私は理学療法士のryuさんから、作業療法士のリハビリも入れてみてはどうか??と提案されて、しばし考えたものの作業療法士さんのリハビリも受けることにしました。
まだ言語聴覚士の先生とも、短い文章を読むリハビリから長い文章を読むリハビリにも入っていたので、一日に三人の療法士の方たちからリハビリを受けなくてはなりませんでした。

作業療法士のKさんは、私と毒舌合戦を繰り広げるような方で、軽口をたたきながら楽しい時間を過ごすようになります。
リハビリはryuさんより厳しくて看護師さんに「ryuさんもスパルタだったけど、Kさんはその上を行くスパルタだわ~。」と話すと、kさんにその話が伝わり「ハトコさんのお蔭で僕はスパルタ作業療法士になってしまったよ!!」と。。。
kさんはすごく口の悪い人なんだけど・・・その奥にはとっても深い優しさを抱えていて・・・
私が2月中旬にリハビリテーション科に移り、担当が違う療法士さんに代わるんだけど・・・
リハビリテーション室でhさんと杖歩行の練習をしていると
「ハトコさん~杖歩行が安定的にできるようになったんだね~♪ハトコさんは感動させてくれるね!!」と言ってうるうると泣いて下さいました。
それを見た私が「kさん~泣いているの??もっと泣いてね~♪」なんて毒を吐く始末。

ryuさんとのリハビリは平行棒を中心に行われ・・・最初は5mくらいの長さの平行棒の半分くらいを目標に歩けるようになり、その後は5m。そして最終的には往復ができるようになりました。
この期間は、2週間~3週間位はかかっているかも。
このころ、病棟で車いすに乗っていると「お~ハトコさんの車いす姿初めて見るよ!!」と看護師さん。
すると小声で「何を言ってるんだか。。。ハトコさんは車いすにすでに2週間は乗っているよね。」とryuさん。
「みんな見ていないから、あんなこと言ってるんだよね。
こうなったらリハビリ室でリハビリもして、残りの時間を病棟の廊下でしよう~。」と言うことになりました。
最初はryuさんに抱きかかえるようにして歩いていた私も、いよいよ夢の歩行器デビューです。

丁度この頃、インフルエンザで病棟閉鎖が続き、最終的には入院病棟すべてが閉鎖状況になり、お見舞いの家族も受け入れ拒否状態が続きます。
最初は3日。1週間・・・と伸びていき、最終的には10日間主人もお出入り禁止に。(1月下旬から2月上旬にかけて)
「一体いつになったらハトコくんに会えるんだい??」と少し主人もイライラし始めていました。。。
どうしても必要なものがあったので、ナースステーションで一時荷物を預かってもらって看護師さんが私の部屋に荷物を
もってきてくれるということに。
この時に、本当に必要なものを忘れて、どうでもいいものを持ってきたので「あ~あ。全く。」と看護師さんに話すと
「ハトコさんの旦那さんはうっかりさんなんだね~。」と。
うっかりさん~というのは、なかなか上手な表現だなぁ…と思いましたよ‼️
そして私は2回目のタミフル服用。
10日もリハビリもお休みしなくてはならず・・・絶対にハトコさんを遊ばせておかないように!!」と主治医に言われ理学療法士のボスの方が「このお休みの間にこのリハビリをしてください。」とリハビリ方法を記したコピーを持ってきてくださいました。
10日もリハビリをお休みしたら、今まで進んでいたリハビリも後退するのは目に見えています。。。涙
でも、私の中では、この10日の間に、トイレの便座から立ち上がり自分ひとりでトイレに行かれるようにしよう・・・と心に決めていました。

インフルエンザでのお休み前に「あのさ~ハトコさん。お手洗いに行きたい時にナースコールを押すと看護師さんが来るでしょう。
その時に、ベッドに座っていて看護師さんを驚かせてみよう~。」と、ryuさんと二人のいたずら合戦が始まります。
ナースコールで呼ぶ前にベッド上に座り、涼しい顔で看護師さんを待ちます。
「はいはい~♪」と来た看護師さんがカーテンを開けて、なぜか又カーテンを閉めてしまいました。
「え~ハトコさん~一人で起きあがれるようになったの~??違う人の部屋かと思って、1回カーテンをしめちゃったよ~。介助は私一人で大丈夫そうかなあ??」と聞かれたので「大丈夫!!」と。

10日間の閉鎖状態が緩和された日。ryuさんが朝一番で来て下さいました。
「ハトコさん~お久しぶりです。その後リハビリはどうですか??」と。
「先生。ちょっと見て頂きたいんです。私…お手洗いまで壁伝いに歩いて行き便座に座り、そして便座から立ち上がれるようになったの。」と。
「どれどれ早速見せて。」と先生も驚いた様子。
お休み前にここの便座はほかの便座と比べて低くて…たった3センチくらいの差しかないんだけけど、いまのハトコさんの足の筋力では、この差が大きく影響しているのではないか…ということで。
ベッドから起き上がる際には、ベッドを一番下まで下げて乗り降りするようにレクチャーを受けていました。
後から看護師さんにお話しを聞くと、ryuさんが「ハトコさんは、リハビリをお休みしている10日間で、一人で課題をクリアしてしまったよ。一体、僕の存在価値はなんだろう~??」と頭を抱えていたとか。笑

とにかく、歩行器で歩くようになると、私のリハビリは急速に右肩上がりで上がっていきました。
そして何より、車いすを手で漕いで行くより歩行器の方が歩きやすい~ということを発見!!
病棟の廊下を一周から初めて、最終的には4周まで記録を伸ばしていきました。
途中で座ってしまうと椅子から立ち上がれない・・・というアクシデントが起きるために、私は休むことなく歩行器で回り続けます。ちょっと怖いかも。。。
その時、丁度ナースステーションに主治医が座っていたので「先生~♪」と手を振ると
「ハトコさん、まだ歩行器なの??」ときたもんだ。
ryuさんもこれには絶句で、全く毎日やっているのを見ていないからあんなこと言えるんだよね。。。」と二人で毒づいた記憶が。
歩行器から少し杖歩行に移動しかけたころ、私は除細動器を入れる手術の説明を受けることに。
主人にも指定された時間に来てもらって一緒に手術の説明を受けることに。

「先生初めましてハトコです。よろしくお願い致します。」と言うと
「ハトコさん~初めてではないんですよ。緊急入院した際に、私もハトコさんの主治医と一緒に処置にあたったんですよ。。」と言われてしまいました。またまた、私の知らないところで私を知っている人にお会いすることに…苦笑
今日はここまでにします。。。

by mihi_liebe | 2019-07-30 15:03 | 健康 | Comments(0)