人気ブログランキング |

パピヨン&韓国語に魅せられて

libertywan.exblog.jp

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます

ICUシンドロームという言葉をご存じでしょうか?闘病記①

自分の心筋梗塞の体験記を備忘録といて書き記しておこうと思います。
面倒くさい~と思う方はスルーしてくださいね。
と言っても、私自身CCUにいた40日間はスマホは持ち込めずに寝たきり状態で記憶もしっかりしていないのでどこまで書けるのかはわかりませんが。しかも、退院してきてから2カ月近く経過しているので忘れていることも多いと思います。

11月24日。その時は突然に訪れました。
母の施設に、前日に作った母の好きな♪リンゴのワイン煮と、次の母の通院日に提出しなくてはならない外出届けを手に自転車を走らせました。
なんかこの日は午前中に出かけるのは気乗りがしなくて、お昼を食べてから我が家を出たことと記憶しています。
自転車で坂道を立ちこぎで走らせた当たりで、何かみぞおちから込み上げてくるような気持ち悪さに襲われました。

(でも、この感覚は自転車に乗ると3日前から出ていた症状。
主人にも「なんかこのところ、自転車に乗るとみぞおちから込み上げてくる変な感覚に襲われるんだけど、なんだろうね。。。」と話していました。)

あまりの気持ち悪さに我慢できずに、すぐ近くのスーパーのトイレをお借りして嘔吐しました。
嘔吐してしまうと少し楽になったので、再び母の施設に自転車を走らせました。が。またまた同じ気持ち悪さに見舞われまた同じスーパーに戻り嘔吐。
これは家に帰るしかないと自転車を押しながら帰路についたものの、いつもと同じ自転車なのに数倍も重く感じられて
やっとのことでなんとか自力で帰り着きました。
途中で自転車を放置して帰ろうと思ったほど体調が悪かったことを記憶しています。
我が家に帰り着き横になるものの、体調の悪さは良くなるどころか悪化しているように感じ、すでにこの時には今まで感じたことのない『死の恐怖』を感じるまでになっていました。
仕方ないので土曜日の午後診察をしている病院をネットで検索して、会社に居る主人に「病院に連れて行って~なんだか死にそうなの!!」と電話しました。

30分位ですぐ帰ってきてくれて、そのクリニックに連れて行ってもらいました。
その病院に行っても嘔吐は止まることなく、トイレをお借りしました。
医師の診察を受けると「おなかの風邪でしょう!!」というのんきな答え。
ここでこのままおなかの風邪ということで家に帰されたら私は死ぬに違いない!!と思い医師に食らいつきました。
「おなかの風邪ではないと思います。どうも心臓の具合が変なのですが。。。」とお話しすると
「それでは心電図をとりましょう。」ということになりました。
心電図をとると、とんでもない滅茶苦茶な波形がでている~ということで、看護師さんが「これは大変だ。
とても起きていられる状態ではないでしょう。横になっていてください。」と大慌てで医師の元に走りました。
すぐ医師に呼ばれて、「これからすぐここの病院に行きなさい。紹介状を書きますから。」と言われました。
「え~今からすぐでしょうか??」と反論したものの、結局すぐそちらの総合病院を受診することに。

その総合病院に着き主人に受付を済ませてもらったものの、私はもう体調が悪くてどうにもならずに「まだ呼ばれないの??」と病院の長椅子に横たわって名前を呼ばれるのを待つことに。
すぐ呼ばれたものの、すでにストレッチャーが運ばれてきて「こちらに移ってください。」と言われ、ストレッチャーでどこかへ運ばれることに。
チラッと見えたのが『アンギオ』だったので後で主治医となる医師に
「先生、私は造影剤がダメで血圧が下がるの!!」と言うと
「大丈夫~ちゃんと対処するから心配しないで。」と言われました。
右下肢の鼠蹊部からカテーテルが入り造影剤が流されて、私の心臓部の画像が私の左手側に写し出されました。
それを見た主治医が「これかまずい!!冠動脈の大きな部位が2か所も詰まっている。これは困った~!!」
私「え~私、心筋梗塞なんですか?!!」と大絶叫。
と、そのあとから記憶が途切れ、次に気が付いたのは病室に移されてから。
「大丈夫ですよ。病室に来ましたからもう大丈夫です。安心してくださいね。」という看護師さんの言葉で気付きました。その病室がまさにCCUという心臓の冠動脈疾患の患者さんの為の集中治療室でした。
私は、集中治療室なのでICUだと、しばらくの間思っていましたが。
まさかここで40日間過ごすとは、この時には夢にも思っていませんでした。
私は、ここで生死の境を3日間体験することに。

主治医にも「あの状態で歩いてきた人は初めてです。救急車を呼びなさいよ。」とお叱りを受けることに。
主人は、「あの状態では即死でもおかしくないですよ!!」と
大目玉をくらったそうです!!

今日はここまでにしておきます。。。


Commented by shigerinko at 2019-04-30 13:34 x
生きててくれて本当に良かったーーー。('_')

がんばりすぎちゃダメですからね。お大事にして欲しいです。
休み休みで良いので。また読ませ下さい。
Commented by mihi_liebe at 2019-05-01 20:19
shigerinkoさん~ブログ読んでいて下さったんですね~。
病棟では『奇跡の人』
また、足の動脈塞栓を診て下さった先生には
『生命力のある人だ~!!』と看護師さんを介して言われました。それくらい、命が危なかったそうで。。。
そしてCCUに40日居て、復帰できた人も珍しいそうです。
私の為に尽力してくださった方たちに感謝しながら、毎日を楽しく♪暮らしていきたいと思っています。
by mihi_liebe | 2019-04-27 20:34 | 健康 | Comments(2)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by HATOKO