人気ブログランキング |

パピヨン&韓国語に魅せられて

libertywan.exblog.jp

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます

大腸内視鏡検査~備忘録~そのⅡ

23日の病院で。

9時頃到着。
内視鏡検査部で受付を済ませ、前回診察時に処方されていたニフレックと検査同意書も提出。
9時半~検査についてのDVDが放送など・・・今日の一日の行動を書いた紙を手渡されて、いよいよテレビの前に机といすがあり、そこに着席させられる。

予定通りビデオの放送。
今日は私を入れて8人が一緒にニフレックを服用。
8人中3人が女性で、私以外は高齢者。
a0114842_1995728.jpg

薬を順番に手渡され、10時から服用開始。
最初の15分で180ccを服用。ほぼ1時間で1リットルを制覇し、1リットル服用後には1回目の排便があるはずとのこと。
前回は私は、おなかがパンパンにはるだけ溜まっても排便しなくて、服用開始から2時間過ぎても排便がなくて・・・院内を歩いてきた苦い思い出がありで、本当に1時間で初の排便になるのか・・・・・。
ニフレックに対しては、前回も副作用が出なかったので、今回は余裕でぐいぐいと服用できました。
ほぼ1時間で排便あり。
2時間で約束どおり2リットルをお腹の中に収め、検査までに9回の排便あり・・・といったも、すべてジャージャーとそのまま水分が放出される~って感じです。
最初の1時間は、飲むことだけに専念できるのですが、後の1時間は服用&トイレとの戦いとなり、読書をしている時間&余裕はない状態。
お尻を気にしながらの、厳しい激闘状態007.gif

本当に高齢者の人に、この2リットルとの戦いは、気の毒だと思いますよ。
全部服用できないご婦人がいらっしゃいましたから。。。
味の素さん~どうか1リットルで腸が綺麗に洗浄できるお薬を、今後開発をされることを切にお願いいたしたいところでございます。。。
大腸の内視鏡検査は前処置の辛さがあるので、症状があってもついつい後回しにされる方も多いと思います。

12時40分に、再度検査のための受付をすませ、予約通り、13時30分に内視鏡担当の女医さんが呼びにきてくださいました。

いよいよ検査室に入ります。
お尻の部位が開いた検査ズボンに着替えて検査台に左を横にして横たわります。
再度看護士さんが来て、腸の動きを止める筋肉注射(たぶん、ブスコパン )を注射。
私にとっては、本日の一番痛い思い出になりました。
今でも痛いよ~~~007.gif
さて、いよいよ始まります。最初に回盲部まで入れるときには、ぎゅう~とカーブがついている二箇所でかなり痛みがでるはずなのですが、まったく痛みがなく手技が優れている先生でした。
おまけにすごいべっぴんさんでしたよ041.gif
私もずーっと画像を見ていたのですが・・・下痢も続いていたし、あんなに下剤&腸洗浄剤を服用しても、こんなに黄色い液体が腸の中に残るものなの・・・って位に、ところどころに残っていましたね。
腸は複雑な構造で、蛇腹のように折りたたまれている部分が多いので大変ですね。。。汗

行きは腸内に残っている水分を取りながら回盲部までたどり着き、帰りにやっと詳しく腸の中を見ていきます。
これと言って、下痢の原因になるような病変はない・・・とのことでしたが・・・下痢ばかりしていたせいか、軽い内痔核がありました。
コルヒチンを服用しだしてから下痢が続いていることや、アレルギーの時期に下痢が頻発するのでそのようなことも検査の途中でお話しておきましたが。
これ以上の小腸検査が必要か、消化器内科の最診が9月に入っているので、診察のときにいろいろと質問してきたいと思います。
検査は、約30分で終わりました。
待合室に戻ると、ご主人様の付き添いで来られていた奥様が「終わったの~。お父さんが1時間近くしても帰ってこないの。」と、とても心配そうなご様子でした。
ポリープを切除しているのかなあ・・・・・と想像できましたが・・・なんとも・・・「お大事になさってください。」としか、声がかけられませんでした。
辛い腸洗浄剤を服用した方たちに、一人ひとり「検査終わりました。みなさん~どうぞお大事になさってくださいね。」とご挨拶して内視鏡室を後にしました。

検査後は、なかなか腸が動き出さなくてお腹のはりもひどくて・・・少しカプチーノを飲んでみたいのですが、吐き気がやってきてしまって半分もしないうちに終了。
トイレに行き、ガスを出すと楽になり吐き気もおさまりました。
きちんと検査後の説明書きの紙も頂いたのに・・・気がせくし、リバティの心配もあるので急いで帰宅したくて・・・早まりました。。。


私は便鮮血&慢性下痢の症状から、ベーチェット病の症状のひとつとしての腸管の潰瘍を心配しての検査でしたが・・・実際、ポリープや癌も気になるところでしたが。
しかし、まだ下痢の原因は特定されていないのですがこれ以上のカプセル内視鏡などの検査が必要になるのか気になるところです。
以上、備忘録として記述しました。

帰宅してもリバティの散歩と夕餉の支度がありで、忙しい気の抜けない一日でした。
by mihi_liebe | 2012-08-24 15:02 | 健康 | Comments(0)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by HATOKO