<   2017年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ロールチキンプレート

リバティのお誕生日にあげたロールチキンプレート。
冷凍はどうかと思いましたが、完食しました❗
レンジでチンしたらとても美味しそうな香りがしましたから。
以前ケーキを買ったら一口も食べなかったので、試しにこれだけ買って来たのですが、今度はいくつか購入しましょう❗片道25分も歩いて行った甲斐がありました👌と言っても勿論ポケモン片手にですが。
a0114842_15155675.jpg

[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-28 15:11 | わんこ | Comments(0)

14歳~おめでとう🎁

リバティ14歳~おめでとう🎁🍸
あなたに会えて私は幸せですよ❗
いつまでもあなたの可愛いお顔が見られるようにパパとママも努力しますからね❗これからもよろしくね🍀
a0114842_19592755.jpg

[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-28 08:30 | わんこ | Comments(0)

もう自由になりたい

月曜日は、母の認知症外来への通院でした。
私は車の免許を持っていないので、有償ボランティアの方に通院の付添ということでお願いしています。
もう同じ方に頼んで2年以上。
母がサービス付き高齢者住宅に入居してすでに2年。
その前に同居して介護したのが1年2か月。
父が亡くなってからは、15年以上。同居する前から、私が夕食を作って毎日ほぼ休みなく届けてきて・・・16年以上。
父の入院生活が1年3か月あったからね。
もう自分自身の人生を歩まないと、自分の人生がなくなってしまうように思う今日この頃。
母は50歳の時から、あちこちお友達と旅行していて、いない間の父の夕食も私が提供していたからね。
つくづく嫌になってしまった私。母にぶんぶん振り回されている人生だから。

もうそのボランティアの方の車の中でも、平気で口汚い言葉を使って他者の悪口をいったりするようになってしまったのね。
他者に頼んでの通院もそろそろ限界が見えているのかなあ・・・と思う。
私も、母と朝の8時~夕方4時までいるのは気が狂ってしまいそう。私の話は全然聞いていないで、一方的にしゃべっていて。
話のほとんどはリピート&他者の悪口。そして、自分は施設の中でいかにしっかり者でスタッフから愛されているか・・・ということ。
8時間ノンストップでしゃべっているからね。すごい体力よね~103.png認知症の人って。
ワンルームを借りて一人暮らしができる~って確信しているしね。。。137.png
結構狂ってきているよね。。。
昨日、一人でいるときにいきなり母に対する怒りと悲しみに包まれてしまって、大号泣してしまった。
そしたら、リバティが「ママ、どうしちゃったの??わたちなんか悪いことしたからママ泣いてるの??」と私の足元に飛び込んできてくれた。
犬にまで心配をかけて申し訳ない119.png
母には申し訳ないが、少しずつ距離を置いていきたい私。
なんかこのままだとうつ病とか、発狂してしまいそうな私なのである。
みんな認知症の介護をしている方たちは、こんな時どうしているのかなあ・・・。
みんなどんな気持ちで介護したり、面会に行っているのかなあ。。。
[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-27 19:37 | 認知症介護 | Comments(0)

携帯で救急車を呼ぶと

折り返し電話が来ます。
日曜日のお昼過ぎ。
パパと私とリバティで散歩に出ました。
いつもの緑道に到着するや否や、突然歩いていた老夫婦の男性の方が、バタッとすごい音を立てて顔面を強打して転びました。奥さまは、男性の前や後ろを只おろおろ&うろうろしているだけで。
ビックリして声をかけた私。私では男性を起きあがらせる力はないからパパに倒れているご主人を介助するように頼みました。
パパの介助によりご主人の顔が上がったので拝見すると、顔面流血状態。血がぽたぽたと滴り落ちているよ~。しかも倒れたままで立てないような状況。
とりあえずは顔面の流血をなんとかしなくては・・・・とハンカチを探したが見つからず。
申し訳ないと思いつつも、とりあえずリバティのうんち用に持参しているトイパーをぐるぐると重ねてパパに押さえるように渡す。
さてさて救急車を呼ばなくては・・・。はあ・・・しかし、今は救急車を呼ぶのにも、軽傷の場合には経過観察等いろいろと言われているので、しばしどうしたものか・・・と躊躇。その時に、女性の方と高齢の男性が「手伝うことありますか?」と駆け寄って下さいました。
女性の方はタオルをお持ちでしたので、すぐに高齢のご主人のキズを自分のタオルで押さえてくださいました。
男性の方は、救急車を誘導してくださる・・・・とおっしゃって下さったので、躊躇なく電話をしました。
高齢の男性が顔面を強打して流血しているので来て頂きたい・・・と。救急車を呼ぶかどうか迷ったのですが、何分ご高齢の方なので、顔面以外の部位の骨折があったら・・・・と心配で。場所もいつもの散歩コースですし、だれでも知っているわかりやすい場所でしたので伝えることができました。
少ししてすでに近くまで救急車の音が聞こえてはいたのですが、折り返し消防から連絡が入りました。
男性の経過を聞かれ、男性の年齢・持病・かかりつけ医を奥様に聞いてほしいと言われました。
通報した私の名前も聞かれ、救急車到着まで現場で待機してください。と。
「状況確認の為に再度連絡しました。」・・・とおっしゃっていましたが、携帯の場合はいたずら電話の場合もあるのかなあ・・・と思いました。
高齢の男性の怪我が気になりますが、大腿部などの大きな部位を骨折されていないことを祈るばかりですね。
顔の怪我は、もしかしたら縫合などの外科処置が必要かなあ・・・鼻血も出ていたので、鼻骨骨折していなければいいのですが。
今度、もし救急車に通報する機会があった時には、年齢と持病とかかりつけ医を前もって聞いておくことが必要だなあ・・・と勉強した一日でした。折り返し電話もあるということも。
家に帰り、折り返し電話のことを調べたら・・・・「今は119や110への通報は四割が携帯からの連絡で、携帯の場合には折り返しご連絡を差し上げますので、通報後は通話はしないでください。」と書いてありましたね。
[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-27 17:44 | 生活 | Comments(0)

異常なし

昨日、僧帽弁閉鎖不全症を疑われ検査に出かけた姫👸
朝は10時30分くらいに預けて夕方4時にお迎えです。
胸部レントゲンでも心臓が大きくなっていることもなく心エコーでも異常が見つかりませんでした❗
心エコーでは、姫👸の心臓がきちんとリズムよく脈を打っていて、それも愛しかったですね❗ 
体のあちこち、年なりの老化はみられますが、ほっとしました❗
姫👸タンは預けられている間、やんちゃをしていたみたいで、先生は少し飽きれ気味でしたが。
a0114842_13021543.jpg

[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-19 12:51 | わんこ | Comments(0)

寝てる

할머니リバティ👵おばあさんリバティ。
愛しい~💓
明日は心臓の検査を予約しました❗
先日てんかんの薬をもらいに行った時に心雑音を指摘されたので。
a0114842_19235100.jpg

[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-17 19:23 | Comments(0)

その角度?

a0114842_11310193.jpg
そんなところから撮るんですか?

[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-14 11:30 | わんこ | Comments(0)

抗認知症薬の副作用

先日、新聞で・・・抗認知症薬の服用により患者の暴力や暴言がひどくなったと悩む介護者が少なくない。この暴言や暴力がひどくなり減量や中止に踏み切る人もいる~という記事を拝読しました。
私の母も、メマリーという抗認知症薬を服用しだしてから、常に興奮状態というか、戦闘状態のようになりおしゃべりや部屋の中を動き回ったり、食欲も異常に亢進して本当に困りましたから!!
私も、メマリーの減薬を主治医に頼みましたが、母の主治医は全く聞く耳を持ちませんでした。もしかしたら母の病気は前頭側頭型認知症と珍しい認知症なので、薬の効果を見たかったのかもしれませんね。
この記事よれば主治医と相談して減薬や服薬を中止して、元通りの親の性格に戻り介護もしやすくなった…と。
抗認知症薬は、初期の段階から服用開始すると効果が高いと言われているものの、脳の働きが活発になるので意欲を司る部分が活性化されて暴力や暴言、妄想、徘徊などを増幅されていまう~と。ただ、抗認知症薬を服用しないと、病気の進行はかなり早いらしいが。

先日、母と食事をした時に、この話をしてみました。
抗認知症薬を主治医が減薬・中止をしてくれたら、お母さんは私たちともう少し長く暮らせたかもしれないね。と言ったら、母にはどこまで理解できているのかわからないのですが、「確かに、○さんとはもっと長く暮らして、私も○さんの役に立ちたかったわ。でも私は、お薬を服用して良かったと思っているの。お薬を服用していなかったら今頃はどうなっていたのか??」と薬好きな母は語っていたので、母がそう思っているのなら仕方ない・・・と思いました。

私が思うのには、人の考え方は様々。だから主治医が一方的に治療を押し付けるのではなくて、抗認知症薬のいい点悪い点をあげて、本人や家族の選択に任せたらどうなのかなあ・・・と思いました。家庭環境だって様々でしょう❗
医師により決定づけられる終末より、本人や家族が選んだ終末であるべきだと思うから。
犬のてんかん薬でも、自分の犬ではなくなってしまったみたいだ・・・という話を聞きました。
リバティにはイーケブラしか服用させたくないというのが私の気持ちですが。
今後どうなるのかは・・・わかりませんが。。。
脳に直接影響を及ぼす薬剤は、投与が難しいようです。


[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-11 19:24 | 認知症介護 | Comments(2)

ポケモンG

にはまっていて、地元でポケモンの巣と言われている公園に行って来ました❗
a0114842_10180899.jpg

a0114842_10255108.jpg
10キロ位歩いたのでしょうか?(歩いている時は夢中でしたが、帰宅後は湿布だらけにρ(・・、))
回りは皆さん、ポケモンをしている中高年の方たちばかりでした❗
最近やっとジムに配置できるようになったので、なんか楽しいですね🎵
a0114842_10301492.jpg
姫👸はお陰様で元気にしています❗
薬💊もおくすりちょーだいという投薬補助食品でなんとか安定的に服用できるようになりました(^o^)v

[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-11 10:15 | 生活 | Comments(0)

感情は豊かなのに

ここ2週間通院が続き、おまけに五十肩の痛みで毎晩熟睡できないわたし。
母の施設に行かれなかったので
何か不足しているものや、食べたいものはないですか?と聞いたら、お買い物に連れて行ってほしいと言うことで、今日はランチもして来ました。
が、施設の中にいる母はあまり変わらないように見えていたのですが、以前買い物に行った時とはかなり様子が違っていました。
店内は売り場がリニューアルされているわけではないのに買い物する場所はわからないし、何より自分で商品が探せないし実際に選べない😓
まだ豊かな感情は持っているのに、考えるということができない。母の病気の特徴である考え不精。
自分でもそれがわかるから、本人にも家族にも辛い病気だと思います❗
やっぱり、ひとりでは買い物には来られないわね😢と母は自ら語っていましたから。
施設だからこそ、何気ない極々普通の日常生活が出来ているんですね🍀
日本では、まだまだ施設に入居させるということに抵抗がある方が多いようですが、認知症の人にとっても安心して暮らせる空間なのだと思います。

[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-08 14:42 | 認知症介護 | Comments(0)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by HATOKO