<   2016年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

タティングレースと

a0114842_11473172.jpg


ちっちゃなマルシェバッグを作ってみたくて編んでいるのですが、すでに二段目であきらめムード。
何か月という時間をかけて基礎を学ぶしかないですね。。。
細かすぎて老眼には無理かも。
右は、母の施設のお友達に折り紙で作った額を差し上げたらとても喜んでくださって、お返しに頂いたブローチ。
この方は、多分アルツハイマーなんですが・・・とてもお上品で素敵なご婦人。
なんか私と感性も似ていて「こんな方が私の母だったらなあ。。。」と、いつもそんな気持ちで接しています。
母よ~ごめんなさい!!
前頭側頭型の母は、いつも不機嫌な顔のままで固まっている感じですが・・・アルツハイマーの方は、にこにこされている方が多いです。
もう一年も通っているので、みなさん私の顔を覚えてくださって「ご苦労様」とか、声をかけてくださるおじい様もいるんですよ。
あまり仲良くなるとお別れが辛いなあ・・・と思うのですが・・・今は、私のできることをしよう・・・と考えています。
施設に通うのがライフワークのようになってしまっている私。
[PR]
by mihi_liebe | 2016-09-27 11:48 | Comments(0)
a0114842_1737518.jpg

[PR]
by mihi_liebe | 2016-09-20 17:38 | 生活 | Comments(0)
今日は久しぶりに韓国語の個人レッスンでした。
初心に戻り、発音をもう一度厳しく学んでいるのですが
日本語の『ん』にも韓国語のパッチムのような違いがあることがわかり目からうろこ。

次の三つの地名を発音してみてくださいね。

新宿 しんじゅく には、ㄴ    前歯の後ろに下の先をつける

新橋 しんばし  には ㅁ    口を一度閉じないと「ば」の発音ができない

新大久保 しんおおくぼ には ㅇ 口を開けていないと「お」の発音かできない

次に来る言葉によって、鼻音化したりするんですね。
なんか新しい発見があって、面白かったです♪
日本語以外の言語を勉強していると、新たに見えてくることってあるんですね。。。

[PR]
by mihi_liebe | 2016-09-15 17:46 | 韓国語 | Comments(0)
a0114842_09141021.jpg

突っ込みどころ満載ですが・・・それでも何とか完成したことがうれしいです003.gif

[PR]
by mihi_liebe | 2016-09-12 09:19 | 生活 | Comments(0)

タティングレース 蝶々

やっと基本的なことを覚えたようで、何とか蝶々のモチーフが出来上がった。
動画を何回も見たり、編み図も隅から隅までよ~く見て確認した。
でもね・・・蝶々の真ん中は綺麗に空かないし・・・下の2枚の羽はもしかしたら裏面になってしまっているかも。
何とも難しくてトホホ。。。涙

次はノンストップで、30番の細い糸で編んでストラップを作ってみたいと思うが・・・どうなるか??

a0114842_14564482.jpg

[PR]
by mihi_liebe | 2016-09-11 14:57 | 生活 | Comments(0)
タッティングレースの蝶々が完成せず007.gif007.gif007.gif

蝶々の羽の一枚目は絶好調で良い出来。
二枚目は、まあまあ。
三枚目はなんとか出来上がり。
四枚目は、糸がこんがらがってしまってリングとして完成することが出来ず、このまま放置。

この小さなモチーフを編むのに、どれだけ時間がかかっているのか。。。
しかも今朝起きたら左手の指がパンパンに腫れ上がり・・・・・今日は出来ないと思う。。。

今日は、タッティングを忘れて韓国語を勉強しなくては。。。
なんか最近の私は、すべてが中途半端みたいで・・・そんな自分が好きになれずにいる。

でもね・・・認知症の母の病気が確実に進行していて、なんかどんどんおかしくなってくる。。。
そんな時、タッティングはすべての事を忘れて目を編むことだけに集中できるから良い。
頭がからっぽでクリアーになる感じなんだよ~。

a0114842_1145309.jpg

[PR]
by mihi_liebe | 2016-09-08 11:41 | 生活 | Comments(0)

タティングレースを

タッティングレースを始めたのだけれど、左手の糸のやり方が安定せず途中挫折しそうな予感。 
肩凝りだけが蓄積されて成果がでず007.gif

[PR]
by mihi_liebe | 2016-09-06 17:34 | 生活 | Comments(0)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by HATOKO