カテゴリ:健康( 53 )

歯科

歯科のスケーリングが2回で終わってラッキーでした😃
前回は、ちょこちょこと6回もかけてスケーリングする歯科医院だったので途中挫折しそうになりました❗

今回は思いきって病院を変えてみました。
そうしたら初診でレントゲンと下の歯のスケーリング。
2回目は上の歯のスケーリングで終了。
ここは、診察時間が一人30分を予定しているとのこと。
ご夫婦でされている歯科医院ですが、女医さんにして頂けてそれも良かったです😌💓
前回違う医院を受診の際にブラッシングを物凄く注意されたので、歯ブラシも変えて歯みがき粉も研磨剤の入っていないゲル状の物にしてみました。
今回は、良く磨けているから歯石もあまりついていないとのことでした❗
プラリアの治療をしているので、歯も常に綺麗にしていなくてはならなくて気が抜けません。
これで11月のプラリア治療は安心して受けられます❗
歯科は、又半年後に定期検診です。

[PR]
by mihi_liebe | 2017-10-19 09:37 | 健康 | Comments(0)

なんでかなあ...と思う

母より年上でもシャキッとしていてひとり暮らしを難なくされていらっしゃる方がいる。
体が丈夫だったり、勿論本人の努力もかなりあるのだと思う🙇
でも何で私の母は、前頭側頭型認知症なのかなあ、と思う。娘としてもとても悲しい・゜・(つД`)・゜・

寿命だったり、私のような難病の発病というものは生まれた時にすでに遺伝子に組み込まれているのだと思うが。
何か今日は、とても悲しく感じた。

[PR]
by mihi_liebe | 2017-08-28 17:23 | 健康 | Comments(0)

疲労骨折

a0114842_10125933.jpg
リバティのてんかんの発作は、ありがたいことにあれからおさまっていましたが・・・丁度4週間後の19日に発作があり、イーケブラの量を半分にして投薬を開始しています。効果があることを願います。
私は、左足の甲を疲労骨折してしまって、足の腫れと痛みに悩まされている日々です。
疲労骨折はレントゲンを撮影しても、初期には写らないので最初に受診した整形外科で見過ごされて、「骨に異常がないから軟骨を痛めたんだから大したことない。」と言われて、ふつうに外出して歩いていたらどんどん痛みと腫れがひどくなってきて。
仕方なく違う整形外科を受診。同じ部位を何回もレントゲン撮影をすることは気が進まなかったんですが、仕方ない。。。涙
こちらでもやはりレントゲンには写らなかったのですが・・・私の話から疲労骨折の可能性があるとのことで、歩きすぎないということと&湿布を処方されて帰ってきました。1か月後にもう一度レントゲン撮影をするとひびが入った骨の修復部位がレントゲンに写るみたいです。疲労骨折は、意外と歩けてしまうので、ふつうに外出してしまうと帰宅してすごく腫れて痛い足にビックリしてしまうので注意が必要です。いつの間にかステロイドを服用して30年近く。これからは骨に関しては何が起きてもおかしくない状態・・・・と言われてきました。
色々考えても仕方ないです。与えられた人生なら生きるしかないですから。精一杯生き切ってみたいです!!


[PR]
by mihi_liebe | 2017-06-26 09:46 | 健康 | Comments(0)

石灰沈着腱板炎

あまりの右肩の痛みに耐えられず整形外科を受診した。

レントゲンを撮ったところ、肩にカルシウム沈着があって『石灰沈着腱板炎』だった。
なんた~る~ち~あ007.gif痛い訳である。。。
みなさん~肩の痛みは要注意ですよ。
これはきっと五十肩だと~とか甘く考えていたら大変なことになります。
今日は、肩関節腔内注射(ロカイン注1%&デキサート注 3.3mg)を打って頂いた。
痛みが治まらない場合は、何回か注射をしに行くことになる。
おまけに左の膝関節も痛いので、ヒアルロン酸注射(アルツディスポ関節注25mg)もして頂いた。
鎮痛剤と湿布薬を処方して下さるというので、「薬局のように在庫がありますから」とお断りした。って言うか、すごく面白い先生でこちらもそんな答え方ができてしまったから不思議である。
「あんた本当にベーチェット病の患者さんなの??」と言われてしまった。
性格が明るすぎて病人には見えないそうである。。。

帰宅して『ブラリア』の副作用について調べたら『石灰沈着性関節周囲炎』というのが挙げられていた。
次の内科受診の時に聞いてみよう。。。
とにかくこの激痛が治らないことには、食事の支度ひとつとっても大変なことなのである。
肩が自然に動かせている毎日がこんなにありがたいことだとは知らなかった。。。涙
[PR]
by mihi_liebe | 2016-02-15 13:51 | 健康 | Comments(0)

低カリウム血症

母に起きている低カリウム血症について考えてみた。
気分を落ち着かせるために服用している漢方薬の『抑肝散』に含まれている『甘草』で、低カリウム血症が起きているのではないか…と素人なりに私は考えた。
とにかく、母の身にいろいろと起きているのは、抗認知症薬のメマリー・クエチアピン アメル錠・抑肝散を服用し始めてからのことである。
私も、漢方薬を服用していた時期があったが、やはりこの甘草の副作用というものに悩まされて服薬を中止したからよくわかるのである。
ステロイドとの相性が最悪で、ステロイドだけのムーンフェイスより、より膨れるしで。
そうかと言って、この甘草の含まれていない漢方薬というのも、なかなかないのが現状である。
施設の医師が、母に起こっている低カリウム血症についてどういう風に考えているのか聞きたいところなんだけど…どうしていいものやら。
母の前頭側頭型認知症というのは、介護施設側に嫌われていて、「前頭側頭型認知症の患者さんは入居をお断りします」と言う施設も沢山あるのだから。
入居させて頂けるなんて本当にありがたいところである。
施設に入居させたら、家族は口出ししないのが一番かなあ…と考える。
[PR]
by mihi_liebe | 2015-12-05 14:16 | 健康 | Comments(0)

脳ドック

28日。予定通り脳ドックを受診。
検査データをDVDに保存して頂いてきましたが…おかげ様で『健康な脳』との診断でした。
萎縮も梗塞も今現在はなかったです。
私の体で『健康』なんてものが付くものがあるか…と思っていたのですが。
ありがとう…私の愛しい脳。
最近の私の脳の混乱ぶりは、忙しさと年齢のせいなのかなあ…!!

只、片頭痛のない閃輝暗点を起こしているので「一度脳動脈がわかるMRA検査を受けておいたほうが尚更安心」ということで、半年後位にまた受診してみようと思っています。
MRI検査に関しては、しばらく必要がない…とのことでした。
近年では、久しぶりにお会いする結構感じのいい先生でしたね。
頻発している回転性めまいは、やはり内耳の耳石で起きていると思われるので、むしろ横になって休んでいるよりも、辛いけど起きていた方が治りは早い…とのことでした。
[PR]
by mihi_liebe | 2015-10-29 13:36 | 健康 | Comments(0)

閃輝暗点

3年ぶりに(2012年8月)『閃輝暗点』を体験しました。
ブログを書いておくと記録として残っていいですね~。

その時と同じで、閃輝暗点のあと片頭痛は起きませんでした。

朝食時、猛烈に明るくまぶしいオレンジ色のギザギザの歯車みたいなものが目の中で回りだしました。
どちらの目かなあ~と片目ずつ閉じてみましたが両目で変調を起こしていることを確認。
片目なら、網膜はく離の可能性。
両目なら脳で血流障害が起きている可能性が。
その光がドンドン大きくなって、一時両目脇側の視界が遮断された感じに。
20分くらい続きましたが、片頭痛の発作は起きず。。。

一時的に脳の血流が悪くなると、そのような現象が起きるそうですね。。。
ギザギザは、血管の痙攣がそのように映るみたいですね。。。
そのほかには、多くのストレスを感じていて、そのストレスから解き放たれた時にもこの発作が起きる…とも書いてありました。

脳ドックを予約しないと。。。
[PR]
by mihi_liebe | 2015-10-06 12:40 | 健康 | Comments(0)
ずっと旭化成の『ブレディニン錠50mg』を服用していたのですが
薬価が高いのでジェネリックを薦められていて。

調剤薬局に頼んで沢井製薬のミゾリビン錠サワイを入れて頂き、6月下旬から服用しだした。
が気付いてみると、潰瘍状の口内炎が数個出現している。
もしかしたら、微妙に血中濃度推移・薬の半減期が違うのかもしれない。
ネットで探しても、なかなか情報が得られない。
ジェネリックの方が薬の半減期が早いような気がしてならない。
残っているミゾリビン錠とブレディニン錠を交換してもらえるか・・明日、・薬局に問い合わせしてみようかなあ。。。
[PR]
by mihi_liebe | 2015-07-16 23:02 | 健康 | Comments(0)

わたしの人生・・・。

「わたし」の人生(みち) 我が命のタンゴ

2012年上映の邦画を観た。
一見しただけでは認知症に見えない、わが母の認知症である前頭側頭型認知症を取り上げている。
主演は、橋爪功。長女役は、秋吉久美子。

多彩な症状を示す前頭側葉型認知症の教科書的な特徴をよく表現していると思った。
痴漢・万引きを繰り返すものの、大学教授である主人公は、きちんと自分の研究してきたシェイクスピアについては講義ができる・・・というなんとも他者には理解不能なこの認知症。
もう少し介護者の苦悩が表現されていれば・・・と思ったものの・・・
この病気で苦しむ患者さんや家族がいるということは、十分にこの映画で表現できているのではないだろうか・・・。

私の病状は。
大きな病気の活動性の変化はなかったものの。
過労&ハードワークがたたり熱&その他の症状がてでいるというもの。
要は、ステロイドをすでに20年以上も服用しているので、自分の副腎からステロイドが出なくなっている。
外傷や感染・ストレスなどがあると、人間は通常出るステロイドホルモンよりも多い量を自然に出し緊急事態に備えている。
しかし、私の体の中では副腎が萎縮してステロイドホルモンが出なくなっているので・・・
緊急時には、外からステロイドホルモンを増量してあげなくてはならない。
今後も、母の介護が続けば当然37.7度の熱は出てくると・・・と主治医に言われました。
今回は自分で増量したのですが・・・その増量の仕方はとても良い♪ということで、今後も熱発があった場合は同じように増量するように言われて来ました。
すでに限界は過ぎている・・・と感じています。
[PR]
by mihi_liebe | 2015-07-01 11:33 | 健康 | Comments(0)

プラリア治療後のお話

プラリアで検索して下さる方がいらっしゃるようですので、治療を開始した経験者として治療後の経過を書いてみます。

8日に治療を開始しました。
8日の夜になると、胃の痛みがありました。
翌日の夜も、胃痛に襲われたのでプラリアの添付文書をネットで検索して読んでみました。
0.5%~1%未満で、上腹部痛という副作用が出現するようでした。
10日からは胃の痛みは消失しています。

骨粗鬆症の治療としては、今までビスフォスフォネート製剤の『ボナロン』を服用していました。
この薬は、起床時に服用し30分以上は飲食ができないので服用に苦労しました。
10年以上服用してきたので、この薬から解放されたのは嬉しい悲鳴ですね~041.gif
現在は、朝食後に低カルシウム血症の予防に『デノタスチュアブル配合錠』というのを2錠服用しています。
この薬は沈降炭酸カルシウム・コレカルシフェロール・炭酸マグネシウムの配合錠で、噛み砕くか口中で溶かして服用する薬なんですが、ハッキリ言ってまずいです007.gif
042.gif
もう少しラムネっぽいといいのですが、中途半端な味でございます。。。涙

最後になりましたが、プラリアは簡単に言うと、骨を壊す破骨細胞に直接働きかけ破骨細胞を減らし、骨を作り出す骨芽細胞とのバランスを整えて骨量を増やしていく薬です。
骨粗鬆症の治療を始めていらっしゃる方たち。
私は厳密に言うと、ストロイド性の続発性骨粗鬆症に分類されますが。
希望を持って治療を頑張っていきましょう~049.gif
みなさまに、幸多かれことを祈ります058.gif
[PR]
by mihi_liebe | 2015-05-11 12:59 | 健康 | Comments(0)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by HATOKO