2017年 09月 11日 ( 2 )

抗認知症薬の副作用

先日、新聞で・・・抗認知症薬の服用により患者の暴力や暴言がひどくなったと悩む介護者が少なくない。この暴言や暴力がひどくなり減量や中止に踏み切る人もいる~という記事を拝読しました。
私の母も、メマリーという抗認知症薬を服用しだしてから、常に興奮状態というか、戦闘状態のようになりおしゃべりや部屋の中を動き回ったり、食欲も異常に亢進して本当に困りましたから!!
私も、メマリーの減薬を主治医に頼みましたが、母の主治医は全く聞く耳を持ちませんでした。もしかしたら母の病気は前頭側頭型認知症と珍しい認知症なので、薬の効果を見たかったのかもしれませんね。
この記事よれば主治医と相談して減薬や服薬を中止して、元通りの親の性格に戻り介護もしやすくなった…と。
抗認知症薬は、初期の段階から服用開始すると効果が高いと言われているものの、脳の働きが活発になるので意欲を司る部分が活性化されて暴力や暴言、妄想、徘徊などを増幅されていまう~と。ただ、抗認知症薬を服用しないと、病気の進行はかなり早いらしいが。

先日、母と食事をした時に、この話をしてみました。
抗認知症薬を主治医が減薬・中止をしてくれたら、お母さんは私たちともう少し長く暮らせたかもしれないね。と言ったら、母にはどこまで理解できているのかわからないのですが、「確かに、○さんとはもっと長く暮らして、私も○さんの役に立ちたかったわ。でも私は、お薬を服用して良かったと思っているの。お薬を服用していなかったら今頃はどうなっていたのか??」と薬好きな母は語っていたので、母がそう思っているのなら仕方ない・・・と思いました。

私が思うのには、人の考え方は様々。だから主治医が一方的に治療を押し付けるのではなくて、抗認知症薬のいい点悪い点をあげて、本人や家族の選択に任せたらどうなのかなあ・・・と思いました。家庭環境だって様々でしょう❗
医師により決定づけられる終末より、本人や家族が選んだ終末であるべきだと思うから。
犬のてんかん薬でも、自分の犬ではなくなってしまったみたいだ・・・という話を聞きました。
リバティにはイーケブラしか服用させたくないというのが私の気持ちですが。
今後どうなるのかは・・・わかりませんが。。。
脳に直接影響を及ぼす薬剤は、投与が難しいようです。


[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-11 19:24 | 認知症介護 | Comments(2)

ポケモンG

にはまっていて、地元でポケモンの巣と言われている公園に行って来ました❗
a0114842_10180899.jpg

a0114842_10255108.jpg
10キロ位歩いたのでしょうか?(歩いている時は夢中でしたが、帰宅後は湿布だらけにρ(・・、))
回りは皆さん、ポケモンをしている中高年の方たちばかりでした❗
最近やっとジムに配置できるようになったので、なんか楽しいですね🎵
a0114842_10301492.jpg
姫👸はお陰様で元気にしています❗
薬💊もおくすりちょーだいという投薬補助食品でなんとか安定的に服用できるようになりました(^o^)v

[PR]
by mihi_liebe | 2017-09-11 10:15 | 生活 | Comments(0)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by HATOKO