2017年 05月 19日 ( 1 )

母がぐずぐず

昨日は私の外来でした。頭の中にできた毛嚢炎は大きくてキンキンに熟れている感じだし、口内炎も上あごの粘膜に地図上&広範囲にわたり発生していて、久しぶりに大きな発作が起きたなあ・・・と思っていたら案の定。
血沈も高く白血球も一万近くあった。ステロイド増量しないで、コルヒチン増量でなんとか乗り越えられるといいんだけど。。。
どうなるんだ~私の今後。。。汗

リバティは、薬を服用させた3日間は、服用後1時間は猛烈な睡魔に襲われて困っていたみたいだけど・・・薬を服用させた方が、怒りっぽさが消えて以前のリバティの穏やかで可愛げのある性格に戻った感じ。
大きな手術後から、性格が悪くなってしまったので手術で精神的にストレスを受けてしまっての結果か・・・と思っていたけど『てんかん』の影響もあったみたい。このまま落ち着いて治療がうまくいくことを願うばかり。。。

施設にいる母は、このところ不満がたまっていて。
朝、服用する薬を間違えられたことがこの不満に火をつけ大爆発。
私のボケ具合を確かめているのではないか・・・とか。
認知症だと思ってバカにしている・・・とか。

確かに母と一緒の階にいるグループのアルツハイマーの入居者さんたちの状況はひどい。
あれじゃあ、薬を間違えられてもわからない・・・それも怖いわ~!!!
今入浴したことも、食事をしたことも忘れ・・・ほぼ意味もなく1日ぼーっと過ごしている。
そんな人たちを毎日見ていたら、母はなんだか自分はとっても優秀で優れた人間に思えてきてしまったのね。
クラシック音楽を愛する高尚な私が、なんでこんな人たちとこの施設に入所しているかもわからないし・・・こんなに頭がしっかりしているのなら一人暮らしもできるはず・・・(←母のセリフ)と思い出しちゃったのね。
とにかく、この施設をなんとしてでも脱出して、一人暮らしをしてやる・・・って!!
前頭側頭型認知症の母はアルツハイマーの患者さんのように記憶障害はないけど、人格障害がひどい。
一人暮らしで、食事の支度もせず食べるものも滅茶苦茶状態で体重は36㎏まで落ち、ごみ屋敷になっちゃったことはすでに忘れてしまっている。私が同居して一生懸命食べさせて、41㎏まで回復させたことも。
こんなことで、先日面会した日には大ゲンカ。
帰宅後、母が通院している認知症の専門病院の医療相談室に電話して相談したり、施設に相談したり。
施設側からは、一度お部屋を違う階に変更したらどうか・・・と言われたんだけど、その後どういう結論に達したのかは連絡がない。
私も、このデータの悪さでは、しばらく施設にはいかれないと思うし。。。
いつまで、こんな苦労が続くのか・・・と思うとマジ滅入る。


[PR]
by mihi_liebe | 2017-05-19 11:51 | Comments(0)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by HATOKO