開いた口が塞がらない

開いた口が塞がらないことが起きた。

昨日、郵便受けに『入居お祝い金30万円キャンペーンのご案内』という封書を受け取った。
在宅の時のケアマネージャーが運営している認知症のグループホームの入居案内のお知らせ。
確かに3月の見学の時に、入居仮予約の書類は提出していて…その後、現在のサ高住への入居を正式に決めたので、こちらのグループホームにはケアマネージャーを介して入居の意思はないことをお話しして断ったという経緯がある。

キャンペーンの対象となる方は
○他社施設にご入居の方
○入院中の方
○退院後の施設入居を検討中の方
○ご自宅での介護が難しくなってきた方
○おひとり暮らしが心配になってきた方
とあった。

本当に今の施設で落ち着いているのに、余計なお世話もいいところである。

大体、介護保険に民間企業を参入させたのは国の大間違いだ。
企業によっては、本当に自分の会社の利益しか考えていなくて。。。
認知症のおばあちゃんを一人見たら、年間いくらになるのか…って計算している感じ。

ケアマネージャーは、最初から介護者の私を極限まで疲弊させて、こちらのグループホームに入居させる予定だったのかなあ…とか思ってしまった。
なんたって、普段はのらりくらりとしている人がグループホームの見学時には、会社の本部から営業部長が来ていたので、なんか一番しゃっきりとしていて思いっきりできる社員を演じていた。
母や私のことより、自分の給料や自分の会社の利益を一番に追及している人だということはわかっていたが。
もう本当に誰も信じられない状態。
信じられるのは自分だけである。。。
と、私は母の介護保険を利用して思った次第なんだけど…
この封書を受け取って、私の想像以上に世の中は悪に満ちている…と思った次第。
[PR]
by mihi_liebe | 2015-12-15 14:42 | 認知症介護 | Comments(0)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by mihi_liebe