母の終の棲家

リバティのトリミングのお迎えに行く前に、母のところへ日用品を購入しがてら寄ってみました。

思いがけず元気にしていました。
食事は私の作る食事の方が美味しい047.gifと言っていましたが、あとは満足している様子でした。
お友達とも精神的に支えあいながら、終の棲家をみつけて安心しているようにも見えました。
「私は大丈夫だから、あなたはあなたの道を歩き出して。」と言ってくれました。

母の場合は、一人で外出させていいものか施設側が経過観察中で・・・お友達とのお散歩を望んでいますが、いまだ叶わないでいます。
月曜日には我が家に外出予定なので『外出許可願い』を出してみたのですが、現在は私が送迎をしなくては駄目だそうです。
本人は、タクシーなら外出は許可されると思って簡単に考えていたようですが、あくまでも私の送迎付きです。
施設に入所しても、まだまだ私が手助けすることはありそうです。
残された時間、毎日忙しい中で母といがみ合うのではなくて、母との愛情を深めていくことができたら嬉しい…と思いました。
[PR]
by mihi_liebe | 2015-09-23 18:13 | 認知症介護 | Comments(0)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by mihi_liebe