母がショートステイに行った。

母が17日から19日まで、初のショートステイに行った。

1日中の休みなしのおしゃべりが戻ってきていたので、母が居なければどんなにホッとして楽しい♪日々を暮らせるのか・・・と楽しみにしていたのだが、何だか私の心情はおかしい。。。
夕飯の時間になると母を思ってなんだか涙がとめどなく流れる。。。
メールを送信すると、それなりに楽しく暮らしている・・・とメールが返信されてきたが。
そうなんだよ・・・ピック病はきちんとメールもできちゃう。
これが私が、母は認知症だと疑いながらも受診を遅らせてしまった理由だ。。。

私は、母が亡くなったらホッとしてどんなに楽しい人生が待っているのか・・・と考えていた。
でも、それは違う・・・ということを生きている今気付かせてくれる機会をくれたショーとステイに感謝している。
母はピック病だが・・・私にとっては一人しか居ない愛しい母であると気付いたのだから。
心配で仕方ないのだ。。。

母は今、大食いおばあちゃんになっているので、何とか美味しい食事をしてもらいたいと一生懸命毎日食事の支度をしていたのだけれど・・・なんだかすっかり気が抜けてしまった訳だ。。。

1日中おしゃべりしている母と暮らすのは本当に疲れるし大変だけど・・・
帰ってきたら、今まで以上にやさしくできるのではないか・・・と思う。
母が居るとなかなかやらせてもらえない、母の居室の掃除をして布団を干しておいた。。。
これからもこんな生活が何年続くのかはわからないけど・・・何とか楽しく♪暮らせていけたら・・・と。
[PR]
Commented by shigerinko at 2014-12-20 13:57 x
mihi_liebeさんの涙… ぐっときました。
わかりすぎて…。
お戻りになられたら、優しくできると思います。

私も親に優しくしなくちゃ~。
介護は辛いけど、学びがたくさんありますよね。
学んでも実践に結びつかない?(^^;)

体調を崩さないようにmihi_liebeさんご自身を大切にして下さいね。
後悔がないように、お互いに頑張りましょうね。
by mihi_liebe | 2014-12-18 18:39 | 認知症介護 | Comments(1)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by HATOKO