ほぼ決まる

先週、母とデイケア先の見学に行き、昨日地域包括センターの保健師さんとケアマネージャーさんと施設のデイケアの担当者さんが我が家にいらして無事に施設との契約も済ませて10月からそこの施設のデイケアに通わせていただくことになりました。
要支援Ⅰなので週に一回のペースでですが。。。
施設の雰囲気もとてもいいし、色々な企画というか行事も目白押しで楽しそうな感じですよ。
なんと言っても、見学の送迎に来てくださった介護福祉士の方がとても感じがいいのです。
いつも元気一杯で明るくて、こちらまで楽しい気分にさせて下さる方です。
この方のいらっしゃる施設だったら・・・とそんな気持ちでお願い致しました。
母が「お風呂はちょっと・・・。」と言っても、そんなたわ言?も本当に上手に楽しく切り返してくださって、その勢いで入浴もちゃちゃっと済ませてくれそうな感じなのです。
さすがにプロは違います。
認知症のお年寄りをお世話していてどうなのかなあ・・・と思ってお仕事について聞いてみたのですが、「みなさん、人生の先輩なので色々と学ぶところが多くて。一人ひとり違う人生を歩んできているわけではないですか。俳句の会をしていても、難しい漢字などは教えていただくことが多いのですよ。」という、この受け応えというか、仕事に対する姿勢もとてもいい方でした。
ケアマネージャーさんも、お若くて明るく元気一杯の方で、母は勿論のこと私の病気のことも気にかけて下さって色々と考えてくれています。
本当にありがたいと思っています。

只、大変だ・・・という思いの中で過ごしてきて2カ月ですが、私もこのところ学ぶところが多く、良い人生経験をさせてもらっています。

回転性眩暈で起き上がれなかったこともお話すると、そういうときにはお電話を下さればショートスティも可能です・・・ということで、私も少し安心することができました。
プロのみなさまのお力をお借りして頑張っていきたいと思います。
[PR]
by mihi_liebe | 2014-09-19 13:11 | 認知症介護 | Comments(0)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by mihi_liebe