只辛かった。。。

こういう場合の『只』は마냥を使うのだろうか・・・とふと考えた。

今回のステロイドの増減量は、とにかく精神的な辛さが目立った治療になってしまった。
これも昨日から2.5錠に減量してきて『ステロイドの仕業』と本日気付いたところだ。。。

とにかく只ひたすら毎日毎日イライラしていた。
そのイライラは・・・何かに没頭すると忘れ去られたが、例えば勉強中に母や主人からメールが来ると、集中力がぷつんと途切れてしまい・・・多分主人や母に対するメールも簡単明瞭で思いやりのないものになっていたのでは・・・と深く反省した。
とにかく一人で居たかった002.gif
一人の時間が何より安心で心から安らげた。
体が辛くて、それでも料理・洗濯・掃除の家事はすべてこなしていたけど・・・
全くもって心の余裕というものがなかった。
話しは前後するが、それがステイロドの副作用だと減量してきて初めて気付かされた。
3錠が日和見感染(カビ感染や結核感染)のボーダーラインといわれているとすると・・・
精神的にしんどいのも、これがボーダーラインなのかもしれない。。。
身を持って体験した007.gif
そして、もう一つ気付いたのは今回副作用として『ステロイド筋症』が出現したことだ。
主治医は、私の病気特有の腱の炎症だと解釈していたが、それは違う~と思える。

これも6錠がmaxで歩くのに只ひたすら苦労して、やはり2.5錠へのアプローチで軽減されたのである。
以上。ステロイド治療の備忘録として書いておいた。

長くなってしまったが次は韓国語について。
今読んでいる『自転車ワッフル店』の中でこんな表現があった。

그 사람들과 어올리거나 이야기를 나누지 않아도 마냥 좋다.
その人達と調和したり話しを交わさなくても只良い。
그저 그 속에 있는 것이 좋다.
只、その中にいることが良い。

마냥も그저も簡単に言ってしまえば『只』という訳になる。
でも마냥には、ひたすら~思う存分という意味がある。

韓国語にはこのような副詞がとても多い。
『とても』という言葉をとっても、それこそ色々な『とても』がある。
そういう微妙な表現を会話の中で使えるようになるの~って、何年かかるのかなあ~と、それこそため息が出るほど遠い道のりに感じてしまうし。
勉強を初級で終えてしまった韓国語学習者は、こんな微妙な表現を知らないまま学習を終えてしまったとしたら、とても残念なように思った。
韓国語が難しいのはその言葉の微妙な表現力だ。
そしてこの微妙な表現力で、自分の気持ちをよく明確に表現しているのである019.gif
これだけ細かい微妙な表現力があるとすると、韓国ドラマがとても面白く人の心をひく魅力がある~と言うこともガッテンだ041.gif
一人一人の微妙な心の動きとか、その人の持つ・・・けして癒されない辛さ&悲しみなどは本当によく表現されていると思う。。。
日本語には、とても・・・は『とても』しかなくて・・・やはり何事にも奥ゆかしくあまり自分の気持ちを表立って積極的に表現せず、とにかく曖昧さの中から相手に推測?してほしい日本人たる所以なのか・・・とも思った。
本心を表さない社交辞令の好きな日本人もどうか・・・とも。
これは大陸に住む民族と島国に住む民族の違いなのだろうか・・・??!
日本人であるのに、その曖昧さが大嫌いで・・・何事も本音しかない私には、やはりこの韓国語はとても魅力あるもののように感じられた053.gif
できるなら、オタクと化して最後まで勉強してみたいものだ。
[PR]
by mihi_liebe | 2010-05-22 13:23 | 韓国語 | Comments(0)

ハングル検定2級取得までの道のりを書いていきます


by HATOKO